カシワブッサン
TOP 資料請求 お問合せ サイトマップ 個人情報保護規定
会社案内 サービス案内 コーディングとは? 施工例 Q&A リンク集
フロアコーティング
戸建住宅・マンション新築メニュー
フロアコーティング
和室(白木ワックス)
サニタリーシールド(水廻りフッ素コーティング)
屋内外の石材
数寄屋門・屋外木材
戸建住宅・マンション入居後メニュー
床・和室などの定期メンテナンス
各種トラブル補修
神社・仏閣等特殊メンテナンス
石材部・木材部のトラブル処理
店舗・業務用定期メンテナンス
商品企画販売
一般家庭用
住宅メーカー用
フリーダイヤル
新築・入居前の荷物が無いときにこそ!
住まいの中で最も利用している割に、お手入れ方法で悩まされるのが床。
そんな方々のために、床を樹脂でコーティングして美観と保護能力を向上させ、
お手入れを簡単にするのがフロアコーティングです。
フローリング床のコーティングには、カシワブッサンオリジナル「ガラスコーティング」、「水性ウレタン」、「カスタムウレタン(油性)」、「水性アクリル」があります。いずれも人体や環境への影響はVOC規制()をクリアしておりますが、耐久性やコストに違いがあります。
※厚生労働省が定める13種の化学物質(1:ホルムアルデヒド、2:アセトアルデヒド、3:トルエン、4:キシレン、5:エチルベンゼン、6:スチレン、7:バラジクロロベンゼン、8:テトラデカン、9:クロルピリホス、10:フェノブカルプ、11:ダイアジノン、12:フタル酸ジ-n-プチル、13:フタル酸ジ-2-エチルヘキシル)に関する室内濃度指針値の規定。(2004年3月末現在)

フロアコーティング比較表
フロアコーティング表
※1:日頃の使用状況やお手入れ状況により期間が短くなる場合があります。
※2:初期コストについて上表中の価格は、あくまでも概算です。
※3:メンテナンスフリーではありませんので日頃のお手入れ(水拭き等)が必要です。


ガラス、ウレタン、アクリルコーティングについて
当社のフロアコーティングには大きく分けて4種類のコーティングがあります。
いずれもF☆☆☆☆※1の取得と室内空気を汚染する揮発性有機化合物(VOC)を
含んでいない住環境において安全を考慮した材料を使用しております。
また、床材の材質(合板or無垢板)に応じてツヤなどの仕上がりもご相談下さい。
大切なお住まいを快適にお手入れできるようにバックアップさせて頂きます。
※1 F☆☆☆☆(エフフォースター)とは? 
建築基準法改正により、平成15年7月1日から建築確認書を要する工事で居室に使用される内装用塗料はホルムアルデヒド放散等級により使用の制限を受けることになりました。F☆☆☆☆の認定は、制限なしに使用できる安全基準です。(F☆☆☆、F☆☆は使用制限有、表示なしは使用禁止)

ガラスコーティング
ガラスコーティングとは、ガラスを液体化させ、常温のまま固めてガラス化する技術を使いフローリングをコーティング。ガラス本来の硬さを生かした今までにない強さで、キズがつきにくく、防汚性にも優れています。
水性ウレタンコーティング
ゴルフボール・車のバンパーなどの強靱さを要求される物に使われているウレタン樹脂。その特性を生かし「住環境にも優しく」「短工期」で快適な住まいを実現します。尚、光沢のバリエーション(ツヤ有・半ツヤ・ツヤ消)があるため無垢材での仕上がりも好評を頂いております。
カスタムウレタンコーティング (油性)
上質な光沢と高い保護能力を持つ油性ウレタンコーティングは、混入されている溶剤が室内空気を汚染する疑いのある揮発性有機化合物(VOC)、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドの使用を避け、住環境を考えた現在の「水性ウレタンコーティング」に切り替えてまいりました。しかし、油性の持つ抜群の保護効果及び性能と住環境の面で両立を目指し研究・開発を続け、それらの問題を解決させました。
工期及び養生期間において日数を7〜10日頂かなくてはなりません(工期短縮の研究中)。
また床の上に既にワックスが塗ってある状態ですとコーティングできませんので、ワックスを剥がす作業(ハクリ作業1〜2日間)が必要になります。
水性アクリルコーティング
透明感に優れ、加工しやすい特長があるアクリル樹脂。市販されているアクリル系樹脂ワックスよりも 高い耐久性で床を保護します。ウレタンコーティングに比べてローコストなため非常にお求めやすくなってます。また、コーティングで使用する材料(市販はしておりません)でお客様による上塗りも可能なので、ご自分でコーティングされたい方はお付けするお手入れ商品でも堪能してみて下さい。


当社フロアコーティングの特長
当社では、業界のパイオニアとして40年以上の実績から、住宅メーカーによって異なるフローリングを徹底的に分析。あらゆるフローリングとの密着性を考えた施工技術で、独自の材料により対応します。また施工後も検査を行い、最高の仕上がりを目指しております。
また経験上、経年変化のノウハウの蓄積も多く、それらに基づいたクリーナーなどお手入れ商品も自社開発。さらに施工だけでなく、メンテナンスまでトータルにサポートします。